知らないことを知っている!

世の中に知ったかぶりの賢いといわれている人達が多い。

それは、今も昔も一緒。

哲学者は知らないということを認め、唯一それだけを知っている「無知の知」に気づいた。

知っているつもりでも、実は全くわかっていないことがある。


ソクラテスは最終的に死刑にされてしまうものの、その考え方は今でも重宝されています。
哲学は学ぶと面白いけど、奥が深すぎて、迷いも正直でてしまう。

それでも、何か自分を見直すときには哲学について学びたいと思ってしまうものです。

ソクラテスの哲学についてこのサイトに詳しく書かれています。
是非ご参考ください!

↓↓
ソクラテスの哲学